研究内容


・全身麻酔薬と鎮静薬の催眠鎮静作用におけるアデノシン受容体の関与

・静脈内鎮静法中の循環状態と呼吸状態の検討

口腔外科手術に特化した術後鎮痛法の確立

歯学部学生に対する輪状甲状靭帯穿刺の教育効果

・眼鏡型ウェアラブルデバイスJINS MEMEを用いた静脈内鎮静法の鎮静状態

・スキルスラボ(Clinical Skills Laboratory)を活用した研修歯科医・学生の教育

 

 

 

 

特定臨床研究


臨床研究実施計画番号:jRCTs031190108 (公表日:令和元年11月1日)
研究の名称:トラマドール静脈内投与の安全性および至適用量・用法を検討する探索的研究
研究責任(代表)者名:後藤隆志

 

臨床研究実施計画番号:jRCTs041190124 (公表日:令和2年3月6日)
研究の名称:吸入麻酔薬の作用に対するアデノシン受容体の関与(無作為化比較試験)
研究責任(代表)者名:櫻井学

 

 競争的資金獲得状況


科学研究費補助金 基盤研究(C) 26463079
研究課題名:鎮静・催眠からの回復遅延に対するアデノシンの関与
研究者名:櫻井 学(研究代表者)、後藤隆志(連携研究者)
研究経費:4,940千円

科学研究費補助金 若手研究 18K17211
研究課題名:口腔外科手術に特化した術後鎮痛法の確立
研究者名:後藤隆志(研究代表者)

研究経費:3,250千円

科学研究費補助金 基盤研究(C) 19K10297
研究課題名:吸入麻酔薬の作用に対するアデノシン受容体の関与
研究者名:櫻井 学(研究代表者)、岸本敏幸(研究分担者)

研究経費:4,420千円

朝日大学 2019年度 教育改革推進費
研究課題名:スキルスラボを用いた全身管理教育セミナー
研究者名:岸本敏幸、櫻井 学、後藤隆志、栃木美保

研究経費:2,150千円

朝日大学 2019年度 宮田研究奨励金A
研究課題名:眼鏡型ウェアラブルデバイスを用いた静脈内鎮静法の鎮静状態に関する研究
研究者名:岸本敏幸、林真太郎、櫻井 学

研究経費:300千円

 

研究業績

2020年


学術論文

(1) 後藤隆志, 林真太郎, 津金裕子, 飯沼光生, 櫻井学:アナフィラキシーの原因物質の特定に好塩基球活性化試験が有用であった1症例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 2020, 48(1), 4-6.

(2) Kishimoto T, Hayashi S, Nakanishi Y, Goto T, Kosugi K, Sakurai S: Use of the Microcuff® during anesthesia for patients with scoliosis, Anesthesia Progress, 2020, 67(1), 23-27. 

(3) Goto T, Hayashi S, Tsugane H, Iinuma M, Sakurai S: A case of anaphylaxis in which a basophil activation test was used to identify the suspected agent, Anesthesia progress, 2020, 67(3), 172-173.

学会発表

(1) 後藤隆志, 櫻井学:トラマドール静脈内投与の安全性および至適用量・用法を検討する探索的研究, 第48回日本歯科麻酔学会, 2020年10月

(2) 岸本敏幸, 山田宗希, 林真太郎, 渡邊友美, 櫻井学:血管迷走神経反射の既往を持つアスリートに対し静脈内鎮静法を施行した一例, 第48回日本歯科麻酔学会, 2020年10月

(3) 棚橋幹基, 安田順一, 太田恵未, 徳倉圭, 玄景華, 岸本敏幸, 後藤隆志, 櫻井学:当センター障がい者歯科における全身麻酔法と静脈内鎮静法についての実態調査, 第37回日本障害者歯科学会, 2020年11月

 

2019年


学術論文

(1) Goto T, Kishimoto T, Sakurai S: The effectiveness of educational methods for cricothyroid membrane identification by dental students: A prospective study using neck photographs and tracheotomy trainers, Clinical and Experimental Dental Research, Clin Exp Dent Res, 2019, 5(2), 170-177.

(2) 岸本敏幸, 中西康典, 後藤隆志, 小杉謙介, 櫻井学:喘息発作による手術中止から1か月後の再手術で再び喘息発作を呈した全身麻酔症例,
岐阜歯科学会雑誌, 2019, 45(3), 175-178.

講 演

(1) 後藤隆志:より安全で快適な静脈内鎮静法を行うために
一宮市歯科医師会, 2019年3月7日.

(2) 後藤隆志:いざ!という時のための救急救命法の知識
朝日大学学生部, 2019年6月24日.

(3) 岸本敏幸, 後藤隆志:静脈内鎮静法時の実技講習 -点滴の準備,静脈確保,静脈確保の介助法-
一宮市歯科医師会, 2019年10月3日.

学会発表

(1) 林真太郎, 後藤隆志, 栃木美保, 中西康典, 岸本敏幸, 櫻井学:朝日大学医科歯科医療センターにおける歯科麻酔科管理症例の臨床統計(2018年度),
第189回岐阜歯科学会, 2019年7月

(2) 名知ひかる, 中西康典, 岸本敏幸, 小杉謙介, 櫻井学, 智原栄一:集中歯科治療における全身麻酔管理中に発症した小児のアナフィラキシーショック症例第54回中部歯科麻酔研究会, 2019年7月

(3) 後藤隆志, 林真太郎, 岸本敏幸, 中西康典, 栃木美保, 櫻井学:歯科・口腔外科における日帰り全身麻酔後の積極的早期飲水に関する検討第47回日本歯科麻酔学会, 2019年10月

(4) 林真太郎, 後藤隆志, 岸本敏幸, 中西康典, 櫻井学:周術期アナフィラキシーの原因特定に好塩基球活性化試験が有用であった症例第47回日本歯科麻酔学会, 2019年10月

(5) 岸本敏幸, 林真太郎, 小杉謙介, 安田順一, 中西康典, 後藤隆志, 櫻井学:プロポフォールが原因と考えられる三方活栓のクラックを認めた1症例第47回日本歯科麻酔学会, 2019年10月

(6) 岸本敏幸, 後藤隆志, 栃木美保, 櫻井学:低身長を呈する側彎症患者に対する最適な気管チューブ選択, 第39回日本臨床麻酔学会, 2019年11月

(7) 畑佐学, 後藤隆志, 長谷川良広, 川崎雅敏, 牧宏行, 横井範顕, 熊谷康司, 伊藤豊根, 石黒慎太郎, 柴田宗則, 櫻井学, 上村誠一郎:当センターの障がい者の歯科治療に静脈内鎮静法を導入して‐100症例の統計学的考察‐第36回日本障害者歯科学会, 2019年11月

(8) 名超美登利, 坂下晴香, 関戸優子, 尾関弘子, 黒川光子, 作陽子, 小林万里子, 江口美加子, 酒井美穂, 吉川志保, 扇照人, 池田幸一, 安藤正憲, 後藤隆志, 櫻井学:当センターの障害者の歯科治療に静脈内鎮静法を導入して‐患者介助者の視点から‐, 第36回日本障害者歯科学会, 2019年11月

(9) 岸本敏幸, 中西康典, 名知ひかる, 棚橋幹基, 金城舞, 安田順一, 後藤隆志, 櫻井学:家族歴からMarfan症候群が疑われた患者の全身麻酔経験, 第36回日本障害者歯科学会, 2019年11月

 

2018年


学術論文

(1) 小杉謙介, 名知ひかる, 後藤隆志, 櫻井学:歯科口腔外科の全身麻酔手術における覚醒時に発症した痙攣発作の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, 2018, 46(1), 22-24.

(2) 岸本敏幸, 中西康典, 小杉謙介, 後藤隆志, 玄景華, 櫻井学:全般性不安障害を有する解離性同一性患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, 2018, 46(1), 34-36.

(3) 後藤隆志, 岸本敏幸, 櫻井学:静注用バイアルで発生したコアリングとその防止法の検討, 日本歯科麻酔学会雑誌, 2018, 46(1), 52-54.

講 演

(1) 後藤隆志:歯科診療における静脈内鎮静法ガイドラインの改訂について
一宮市歯科医師会, 2018年3月1日

(2) 岸本敏幸:緊急時の対応(BLS 2015)と静脈内鎮静法時の偶発症への対応
一宮市歯科医師会, 2018年8月2日

(3) 櫻井学:歯科医師に必要な救急処置の知識「そのとき何ができますか?」
町田市歯科医師会, 2018年11月10日

学会発表

(1) 中西康典, 後藤隆志, 小杉謙介, 岸本敏幸, 櫻井学:朝日大学歯学部附属病院における歯科麻酔科管理症例の臨床統計(2012~2016年度),
第188回岐阜歯科学会, 2018年2月

(2) 中西康典, 岸本敏幸, 小杉謙介, 後藤隆志, 櫻井学:難治性の気管支喘息発作を発症した1症例, 第53回中部歯科麻酔研究会, 2018年7月

(3) 岸本敏幸, 後藤隆志,櫻井学:歯学部学生に対する輪状甲状靭帯穿刺実習の教育効果, 第37回日本歯科医学教育学会, 2018年7月

(4) 稲垣慶則, 神谷真子, 梅村直己, 川木晴美, 高山英次, 伊藤宏衣, 櫻井学, 住友伸一郎, 智原栄一, 近藤信夫:麻酔薬が癌組織における免疫抑制環境の形成におよぼす影響, 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月

(5) Sakurai S: Vital sign monitoring of medically compromised dental patients,
The 15th International Dental Congress on Anesthesia, Sedation and Pain Control, Oct 2018.

(6) Goto T, Kitano T, Hayashi S, Kishimoto T, Kosugi K, Sakurai S: The effects of different pulse oximeter application sites on blood oxygen saturation measurements during intravenous sedation, The 15th International Dental Congress on Anesthesia, Sedation and Pain Control, Oct 2018.

(7) Nachi H, Kosugi K, Nakanishi Y, Kishimoto T, Sakurai S, Chihara E: Individual chest compression training using manikin with feed-back system can achieve sufficient improvement as usual group training, The 15th International Dental Congress on Anesthesia, Sedation and Pain Control, Oct 2018.

(8) Kishimoto T, Goto T, Nakanishi Y, Kosugi K, Sakurai S: Effective of cricothyrotomy training using Mini-TrachⅡ Seldinger Kit on dental students,
The 15th International Dental Congress on Anesthesia,Sedation and Pain Control, Oct 2018.

(9) Nakanishi Y, Kishimoto T, Kosugi K, Goto T, Sakurai S: A case of asthma attacks caused in each two general anesthesia of same patient,
The 15th International Dental Congress on Anesthesia, Sedation and Pain Control, Oct 2018.

(10) 後藤隆志, 岸本敏幸, 太田恵未, 棚橋幹基, 玄景華, 櫻井学:静脈内鎮静法中の少量レミフェンタニル投与が異常絞扼反射の抑制に有用であった症例, 第35回日本障害者歯科学会, 2018年11月

(11) 岸本敏幸, 玄景華, 櫻井学:全般性不安障害を有する解離性同一性障害患者に対して周術期管理を工夫した1例, 第35回日本障害者歯科学会, 2018年11月